原田歯科クリニックのホワイトニング実績と患者様の声

ポーセレンラミネートベニアとは?

最新の審美技術で、強さと美しさを……
コンタクトレンズ・ポーセレン・ラミネートベニア

ポーセレンラミネートベニアとは?

前歯のかたちや色を改善したいとき、その状態がかなり深刻な場合は、プラスチック(レジン修復)や漂白では、満足する結果が得られません。着色歯でも青みの強いダークグレー、ダークブラウンの変色や、水平に濃い帯状の着色のあるものは漂白では改善しないので、このようなときに、非常に繊細な処置方法として、薄く貝殻状に焼いたポーセレンを前歯の表面に貼り付ける「コンタクトレンズ・ポーセレン・ラミネートベニア」という方法が用いられます。

従来は、このようなケースでは、歯にすっぽりポーセレン・クラウン(ポーセレン・ジャケットクラウン、オールセラミック・クラウン)をかぶせる方法が使われてきました。強度が必要な場合は、金属で裏打ちしたメタルボンドクラウンが使われてきました。しかし、歯にすっぽりクラウンをかぶせる方法では、歯のエナメル質を削り取ってしまうことになります。歯のエナメル質は、ガラスのような硬さ、酸への抵抗力をもっていますので、いったんエナメル質を失ってしまうと、歯の寿命は短くなります。金属を使うと、白く透明感の高いエナメル質の外観を回復することは困難です。また美しく強度の高いクラウンをつくるためには、歯のなかにある歯髄を犠牲にしなければなりません。

コンタクトレンズ・ポーセレン・ラミネートベニアでは、健全な前歯の一部が、むし歯や破折などで失われているときは、コンポジット・レジンで修復し、その後、前歯の前面と先端を薄く一層削り取ります。このときエナメル質を全部削り取ってしまうのではなく、表面を薄く均一に削ることがキーポイントです。次に削られた歯のかたちの型をとり、精密にその型に合わせて半透明の薄いポーセレン(ポーセレン・シェル)を焼成します。

このポーセレン・シェルを表面を削った歯に接着しますが、この接着に使う材料を使って、隣の自然な歯の色調に合わせます。

この処置法は、非常に繊細なテクニックが必要ですが、エナメル質を保護し、歯髄を守り、同時に美しい歯の色やかたちを回復することができます。

料金

ラミネートベニア 150,000円
キャンペーン価格 130,000円

施術例

  • 自信をもって笑っていますか?
  • 捻転した歯や破折した歯、変色した歯がありませんか?

そんなあなたの問題を解決するために、コンタクトレンズ・ポーセレン・ラミネートベニアがあります。
歯の表面からわずか0.5~0.7mm削るだけで、あとはコンタクトレンズ・ポーセレン・ラミネートベニアがより自然な外観をもたらします。

アイコン通常歯術前

アイコン術後

ページの上へ